カテゴリー「 鈴木おさむ 」の記事

1488 件

ミルクのお話ありがとうございます。フォローアップミルクに重湯、断乳に卒乳。でも、離乳食を結構食べているならば栄養的には問題ないのでは?という声多く、ちょっと安心。次、妻がイッテQで海外行くときには、皆さんのコメントを元にいくつかチャレンジしてみたいことがありました!ありがとうございます!写真。僕が笑福と二人で留守番中。トイレに行きたくなり、、、、皆さんのコメントで、前に座らせていると書いてた人が多かったので、笑福に前に座ってもらいました。駄々こねることもなく、空気を読んで、待っていてくれました。いや、ありがたいです!!用を足しているときに、泣き出したら、困るもんな~~~!子供が寝る前に、ちょっと抵抗するのはあるあるだと思います。今日も眠そうだったので、抱いて寝かせようとすると・・・眠いんだけど、寝たくない!俺はまだ遊ぶぞーーー!って気持ちと眠い気持ちが混ざり。寝そうになるんだけど、ハッ!と気づくと体を動かす。まるで、ドリフの志村けんさんの寝そうになってしまう男のコントを見ているようで。前は、眠そうになった時に「ちゃんす!」と思って、もっと眠るようにしたいと思っていたんだけど、最近は、眠いけど抵抗しようとしてる時は、「また後で遊ぼうね~~~」と話しかけるようにしてます。今日なんかは、めちゃくちゃ抵抗するんだけど、最後に、思い切り右手を突き出した直後に、催眠術にかかったみたいに寝に落ちる。大人だと絶対にない行動。おもしろいですね。まあ続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

胎内記憶の話もとても多かったですね。僕は以前は胎内記憶について結構疑っていたのですが、色んな人の話を聞くうちに、やっぱるあるのかなと。そして昨日のコメントで、赤ちゃんの不思議な力体験を沢山読んで!!いや、すごいですね。胎内記憶と、そして亡くなられた人を見る。病気に気づく。そしてお母さんのお腹に赤ちゃんが出来たことに気づく・・・という話が多かったでしょうか。赤ちゃんに気づくコメントの中で、これがすごいなと。〇長女に助けられた次女いつも楽しく拝見させてもらってます!子供の不思議な力有りました。そして助かりました。長女が2歳半の時ですが私が脳の手術をしました。手術翌日に 娘がお見舞いに来て、『赤ちゃん。赤ちゃん。』と主人が もしやと思い病院の方に相談すると、急遽『万が一の事を考えて痛み止などの薬を変更します』と言ってくださり、後日同じ病院内の産婦人科で調べると、『おめでとうございます』でした。しかも まだ 検査薬等では判別出来てないでしょうと言われました。幸い、全身麻酔も妊娠初期には使える麻酔と判明し、手術後早々に薬を切り替えたので 8ヶ月半後には 元気な次女が誕生しました。手術後の変更した薬はあまり効かず熱もでましたが、赤ちゃんの為なんとか乗り切る事が出来ました。『赤ちゃん』と知らせてくれた長女に、本当に感謝してます。それを知ってか、次女は姉にべったりです。りぃこういうこともあるんですね~~!子供の力ってすごいですね。そして、旦那さんが「もしや」と思う気持ちもすごいなと。またもや勉強です!!昨日、NHKで放送していた「明日へ」のコンサート。久々に聞いたSMAPの歌も熱かったで続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

優しさには色々な形がある。そして年を重ねたり、その状況によっても、今まで気づけなかった優しさに気づくことが出来る。僕の姉は本当に優しい人で。大人になり、あらためて子供の頃から優しい姉だったのだと気づかされる。ここの写真にも載せましたが、アンパンマンの小さな太鼓を手作りで作ってきてくれて。それを息子がずっと気に入って遊んでいる。優しさのこもった物って0歳の子供にも伝わるのだなと思う。そんな中、姉の子供が、昨日再び手術をして。7時間近くの大きな手術。とりあえずはうまくいったと聞き、なんだか、胸のつかえが取れた。姉は、とても不安で怖くてたまらなかったはずだ。この場を借りて、まずはお疲れさまでした。写真。うちで飼っている亀の大福。妻が付けた名前。我が家には「福」のつく名前が一人と一匹。笑福と大福。不思議なもので、笑福が亀に近づくと、亀もシェルターの中に入っていても出てくるんです。そして目と目を合わせたり、水槽越しで手と手をあわせる。コミニケーションを取っている。どんな話をしているのだろうか??大人には出すことの出来ない何かを出して、亀と会話してるのかな。こういう瞬間が、たまらなく嬉しい。で、今日は聞きたいのですが・・・お子さんを育てている中で、不思議な事ってありましたか?例えば、赤ちゃんには動物がよってくるとか・・・胎内記続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

昨日の保育園問題に対しての沢山の声、ありがとうございました。現役保育士さん、元保育士さんの声も沢山。賃金をちょっと上げたところで解決する話ではないと、、、この声を沢山の人が、とくに政治にかかわる男性が理解して、単純に賃金を上げようとかではなく、どう世の中にアナウンスしたら、そしてどこを改善したらよくなるのか?と考える時間を増やして貰うことがまず大事だと思いました。昨日の皆さんの声が、届くよう、願いますし、ちょっと色々自分でも昨日の声が届くよう、動いてみようと思っています。 今日は3月11日。2011年3月11日の東日本大震災から丸5年がたちました。2時46分。あの時僕は東京FMで生放送の真っ最中。地震が起こり、「またすぐにおさまるだろう」という思いは打ち消させれ、僕は生放送中に机の下に避難しました。 テレビなどで「忘れてはいけない」と言っています。あの地震が起きた時は。全ての人にとって、他人事ではなく、自分事だった。だってもしかしたら、日本に住めなくなっちゃうんじゃないか?と考えた人も少なくないから。でも、忘れてはいないけれど、自分事じゃなくなってしまっている人も少なくないと思います。 昨年、被災地からの「のど自慢」を見た時に。笑顔で仕事をしている人たちがいて、そこに見える「復興」。でも。笑顔でいるけれど、そのことを語ると・・・・家族が津波で流されてしまったり、一生消えない傷がついた人たち。街は復興しているけれど、その傷は消えることはなく、その傷とともに前向きに、生きているのだと、傷とともに生きている中で、その上で生きている中での笑顔なんだと。 息子を授かり、初めて迎える3月11日。もしあのような災害が起きたら・・・息子を抱きながらニュースを見た。 続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

僕は社員として働いたことがないので、皆さんのコメントを見て、そうか、正社員だと、そういうことも会社にやって貰えているのだとか、色んなプラスもあるのだとあらためて気づきまして。43歳にして言うのも恥ずかしいですけど、会社員ってすごいなと。ただ、子供を授かり、状況が変わり、そこで何かを一度手放すことも考えなきゃいけないのだと、コメントを読んで考えました。新しい命を授かり、家族の形が変わる。だから、そこは、断捨離じゃないんだけど、新たな家族の形に必要なものと、あえて手放すことで見えてくるものもあるのかなと思ったり。うちの妻も今年から働き出して、母であることと、芸人として働く事のバランスがいまだ、つかめてないと思うし、それってなかなかつかみにくいことだと思う。だけどそこで、悩んで考えることで大切なこととか、自分を応援してくれる環境にあらためて気づくんだと思います。妻だけじゃなく、僕もそうです。息子、笑福は自己主張が強くなってきました。こうやって性格は作られていくのだと思うと、おもしろいなと思います。自己主張したことに、親がどう対応するかで、変わってくるんだよなと。当たり前なんだけど、その当たり前になかなか気づけなかったり。自分もこのくらいの年の時に自己主張するようになり、親がどうしてたのかなと考えたりします。で、今、ニュースで保育園についてのことが日々出ていますが、こんなメッセージがコメントに届いたので皆さんに読んでいただきたく。〇保育士について質問ではなくておさむさんに知ってもらって、あわよくば応援していただきたいのですが(笑)わたしは保育士をしています。別の仕事をしながら免許をとってまでついた職ですし、やりがいをもってやっていますが、いかんせん保育士は給料が安いのです…。都内でも、30代で手取り20万いかないとかざらです。有休も、人で不足でなかなかとれず、平日は8じ、土曜も7時まで働いて持ち帰りの仕事もあって…乳幼児期という、人間の根っこを育てる仕事なのにこの扱い。このままじゃ保育士は増えないし続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

PAGE TOP