カテゴリー「 鈴木おさむ 」の記事

1476 件

どうでもいいことなんですが。とあるお店で出てきた写真の料理。ユッケ的なものなんですが、かなりうまい。うまいんですけど、これが目の前に出てきた時に、ます僕が思ったのが皿がでかっ!!この料理を見た時に最初にうまそーー!と思う人もいれば僕のように皿がでかっ!と思う人もいる。うちの妻は、皿がでかい!と思うだろう!そういうところの価値観が合う人と結婚できたのはありがたいことだなと思う。昨日は名古屋で僕が総合プロデユースをつとめる舞台「私のホストちゃん」に行かせていただき、皆さんにご挨拶させていただきました。今日でいよいよ千秋楽を迎えるので。舞台に出るイケメン俳優達と話して思う。みんな熱い。正直、僕も妻もイケメンにたいしていい考えなんかございません。どうせモテたんだろ!的なね。だけど、彼らに会って考え方が少し変わったというか。イケメン俳優なんて何千人といて、その中で舞台に出られる人は数百人で、ドラマや映画で活躍できるイケメンなんてほんの少し。彼らは昔は絶対モテたし、自信もあったはず。だけど、この世界に入って思うんです。みんなイケメンだって。イケメンであることが標準装備で、それは当たり前なんだと。自分がこれまで武器だと思ってたものが、それって当たり前になってくる。だから天狗の鼻を思い切りポキっとおられて、そこからのスタート。だから熱い。俳優って芸人さんと違って、おもしろいネタを作るとか、そういう方法がないから、努力の仕方が難しいとは思うんだけど昨日、俳優の一人が言ってました。「まずはスタッフさんに顔を覚えてもらうこと」顔を覚えてもらうことすらなかなかしてもらえない世界。みんな、ファイトです。息子、笑福には、色んな世界で色んな思いで頑張ってる人がいるってことを早めに感じてほしいなと思ったりしてます。で。沢山の質問、ありがとうございました。大切にピックアップさせていただき、聞いていきます。コメントくれたぷるるんさんは、今月初めての人工授精があるらしいです。初めてのことに踏み出す、しかも人工授精となると不安ですよね。僕はこの性格なので、そこも含めて楽しむ!と思い、進んでいました。実際に、女性がお医者さんとは向き合いますが、精子の検査から、当日の採取まで。振り返って思うのは、まあ、ネットで見ると色んな説が出てきたりしますが、一つだけ旦那さんにアドバイス出来るとするなら、人工授精をする一週間前からは体調管理を万全にしたほうがいいということ。採取する日に男性が風邪ひいてたりす続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

昨日の皆さんの体験談、とても共感したり為になった人も多いのではないでしょうか。人間ですから、そりゃ怒るし、イラっともします。アンガ—マネジメントのことを書いてる人も多かったですね。トイレなどに一度駆け込んで、深呼吸をしたり、気持ちを整理すると書いてる人も多く。愛しているからこそ、怒りや苛立ちの感情を覚えてしまった時には、まずその罪悪感、そしてそのやり場に困る。でも、みんなそうなんだ・・と思い、そう思った時に、それを逃がしてあげたり、整理してあげる方法を自分なりに見つけることもとてもとても大事なんだと感じました。ありがとうございます!昨日の「深イイ話」に野沢直子さんが出ていまして。アメリカでの生活を公開していました。あんな風に生活しているんだと、驚くこともあり。野沢さんらしいなとおもうこともあり。野沢さん、お子さん3人。二人が女の子で、女の子二人は成人しているのですが、反抗期が結構激しく窓ガラス割ったり、大変だったと言ってました。VTRの中で、次女が、美術系のことをしたいと言って、就職しながら美術をやりたいと言った時に、野沢さん「保険かけてんじゃねえよ」と言ったとか。野沢さんらしいです。最近、僕の周りに、慶応大学の5年生がいます。すでに一留年。自分で会社も立ち上げて、ここから勝負!という時。卒業するまでにはあと2年かかる。周りの人に、卒業すべきか、やめるべきか・・・と聞いていくと見事に意見が割れる。僕や、芸人さんなど、保険をかけずに生きて生きた人間は、やめろと言う。やめることが大事と続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

お肌情報、本当に本当にありがとうございます。食事の時に、ワセリンで口の周りをコーティングするテク、早速やってみました。他にも役立ちテク、沢山あったので、やって経過をみたいと思います。もちろんお医者さんとも相談しながら。それにしてもみなさん、お子さんで、肌で苦労してるんですね。僕は、大人になってからのアトピーで、全身をダニに食べられてしまったことがきっかけで発症してしまったのですが、アトピーになって、漢方と出会うまで、まあ、苦しみました。漢方にしてからも、たまに、肌でつらい時があり。薬も結構飲むし。自分がアトピーで、普段の生活が結構大変だったので、息子にはなってほしくないなと思っているのですが。たまたま今日のAERAの特集がアレルギー特集で、子供のアレルギーのことが書いてあって、怖くなる。でも、皆さんのコメント見てたら、治っていくパターンもあるので、もしアレルギーが出ても、焦らず時間をかけて、色々対処したいなと。記事の中で、子供がアレルギーでアナフィラキシーショックになったことが書いてあったのですが、その経験をしたお母さんは「アナフィラキシーショック」という存在を知っていたので、対応できたと言ってました。もし知らなかったら・・・と。やはり、知ることと、頭の中に植え付けることって大事ですね。あ、昨日の、おしゃれイズム、沢山の方が見ていただいたみたいで、感想も沢山。ありがとうございます。あそこでスリング教室に行きましたが、あそこで習った、まあるい抱っこ、本当に役に立ってまして。抱きながら子供を寝かせることが本当に楽にできるようになりました。夜寝つかない時も、あのおかげで!だから妻がイッテQで海外に行っていた時も、まぁるい抱っこを習ってなかったら・・・と。昨日、おしゃれイズムの中でVTRを出していたのですが、そこでの笑福のずり這い姿。二週ほどまえのものなのに、今のずり這いとのスピードの違いに驚続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

パートナーとのカタチ。子供のことを考えて・・・という意見もやはり多く。だけど、そうではない意見もこうやって聞くと、今の日本での現実が見えてきたりします。僕の知り合いのテレビ局員は、親の離婚により三回名字が変わったことがあって、気まずかったと言ってました。大人になった今となっては笑って話していますが、子供時代の気持ちで考えると・・・と思ったり。テレビ局でバリバリ働いてる女性がいて、結婚して名字が変わる。結構、前の名字で呼ぶことが多い。僕は妻のことを、ここでは妻と呼びますし、家ではみぃたんと呼びますが、仕事場や取材だと「大島」とか「大島さん」と呼ぶようにしています。芸名だと思っているのですが。自分の奥さんだけど、本名は「鈴木美幸」なんだと思うとドキっとしたりします。子供の頃、好きな女の子の名前に自分の名字を付けて書いたりしましたよね?そんな感じというか。うちの子供は、妻がテレビや周りで「大島」と呼ばれていることへの、なんか変…感にはいつ気づくんだろうな。舞台「美幸」の稽古が4月から始まるんだけど、大島優子さんのことをなんて呼ぼうか悩んでるんです。大島さんというと妻みたいだし。優子さんというのもなんか変。そんな小さな悩み。あ、息子の物を落とす件に関して沢山の方のご指摘、アドバイスいただきまして。コメント読んでから、さっそく、落としまくりにさせています。あの落ちてる音とか、手から離れていく感覚とか、すべてが楽しいんでしょうね。勉強になります!!写真は、黒沢さん続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

写真。今朝の寝ている妻と息子。この写真はポーズ違いですが、最近、妻と息子が同じポーズで寝ていることがたまにあります。妻が右手を挙げてると笑福も右手を挙げてたり。こないだは、妻がシェーのポーズで寝ていたら笑福もシェーノポーズで寝ていたり。そんな姿を見ていたら、「親子だな———」と思います。そのうち、妻が腹を出して寝ていたら笑福も腹を出して寝るようになるのか?そしたら、お腹をしまいながら「親子だな———」と思うんでしょうね。昨日と、「怒る」ことについて。沢山の方が書いてくれていましたが、「怒る」と「叱る」の違いについて。そうですね。怒るってなんか自分の感情を出しているだけのような感じだけど叱るにはちゃんと目的があるというか。コメントをくれた「ひろぱぱ」さんは・・・・怒ると叱るってもの凄い大きな差があるので、鈴木夫妻にもぜひ考えてほしいです。私は常に「説明」してから叱るようにしています。この説明は、子供に理解させることも目的ですが、それよりも一番効果があると思うのは、一旦間が空くので自分が冷静になれることです。たとえば、子供が食事中に食べ物で遊びだした場合。まずは遊んではいけないと注意します。それでも遊んでいる場合は、次同じことしたら遊んでる手を叩くよと注意します。(私は怒る手段で叩くことは反対ですが、叱る手段で叩く事はよいと思っています。)再度、遊んだ時にいきなり手を叩き、次やったら叩くっていったてでしょ!これは、子供のためというより親がイラッとしてその気持ちをぶつけて怒っているだけです。それに対し、子供の手を取り、目を見て説明しそして約束通りちゃんと叩く!これが叱るということだと思っています。もちろん子供は泣くので、その後抱きしめるのもセットですが。まぁえらそうに書いてますが、何割かはイラッとして怒ってしまうことありますひろぱぱというとても僕は参考になりました。息子、笑福は、テーブルにあるペットボトルを掴みたがります。掴むのはいいけど、それをちょっとしたら落とします。そして拾ってほしいと言うポーズをします。何度か繰り返します。だから最近は、「次落としたら拾わないからね」と言って渡します。だけど、しばらくすると落とします。その時に、拾わないことが大事なん続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

PAGE TOP