今朝、

なんかしそうやなーー?!?!とおもったので
撮影してみたら
しましたーー↑↑↑↑↑↑

これで、三度目の寝返りです!!!






このあとから、口火をきったかのように

ばんばん!しているー にこj




「楽フェス」での SweetMommy ステージが無事に終わりました。ステージ上からお子さん連れの方やお腹の大きな妊婦さんの姿が見えてこんな炎天下の中 足を運んで下さりとっても感激しました。見に来て下さった皆様ありがとうございます。ステージの後はSweetMommy ブースへ。今まであった 「ザ妊婦」というマタニティ服のイメージを変える可愛さ!妊娠期間や授乳期間が終わっても ずっと着たいです。先日、撮影した妊娠7ヶ月の写真も額に入れて飾って下さっていました。アクセサリーやギフトハーブティーも。赤ちゃんとママのことを考えて作られた商品が並んでいます。これからも SweetMommy スタッフさんと共に素敵な商品を作っていきたいです。ブースではお客様と一緒に記念撮影をしたり取材を受けた続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

起こす派?起こさない派、結構われていますね。妻も最初は結構敏感で、僕も、絶対起こした方がいいかなとか思っていましたが結構でかいのと飲む量も多そうなので、今は、もし寝ていたとしたらとりあえず寝かせて、あとは、妻の母乳がたまって辛かったら、飲んでもらうことも考えて、そんな方向で今は行くかなと。 子供100人いたら100通りあるだろうから、あとは、その子に合った形を見つけることが大事かなと思ったり。 で、今日は、妻のお母さんが栃木に帰っていきました。思い起こすと6月。お母さんは来てくれました。出産予定日が近づき、予定日になり、予定日を超えて、妻も僕も不安が大きくなっていったけどお母さんがいてくれたからその不安は削れていきました。 出産する日。お母さんは妻の背中をこすり、たたき、寄り添っていました。 産まれてからも、抱き方、あやしかた、妻も僕も教わりました。母親って、子供を産み、そしてその子供が大人になり母親になるときに、その母親になるためのアシストをしてあげる。それが母なんだなと。父親ってそういうことないですもんね。 母として子を産み、その子が母になる時も母の母である。すごいなと。 母と娘って、本当に不思議です。以前、ここにも書きましたが。妻が一度目の流産をした時に、お母さんが栃木から来てくれてカレーを作り、そしてちょっと話して帰っていった。ただそれだけ。言葉を沢山かけるわけでもなく。妻がずっと子供の頃から食べて育ってきた料理を作って食べさせる。それが、妻が立ち直るための大きな一歩になった。女性と女性。にしかわからない距離。言葉はいらず。その時に、母親ってすごいなと感じましたが。今回はさらに。お母さん、二か月間本当にありがとうございました。息子のその抱きしめ方を見ていて。ただ、その抱き方や形でなく、気持ちで子供を抱く姿を見ていて、抱いてはいるけど、抱くんじゃなくて包むんだなと思っている自分がいました。母親はお腹にいた時からずっと子供を包んでいる。だ続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

始めたいけど、なかなか…。時差ボケに弱い未由。今回は特にひどくて、夜中に何度も起きてしまう。その続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

東京ビックサイトで行われている「楽フェス」もうすぐ ステージ本番です。私と同じ妊婦さんも来て下続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

PAGE TOP